空家を所有するリスクをご存知でしょうか?


かつて財産だった家が、いつか貴方を苦しめる『負動産』になることもあります。
・「不法投棄などのゴミ屋敷化」…撤去費用、近隣住民からのクレーム
・「火事の危険性」…所有者責任による損害賠償
・「少年少女のたまり場」…万が一、その場所で事件が発生したら「告知事項物件」になり、処分も難しくなります。
・「野良猫が住みつく」…臭い、騒音などの苦情
・「倒壊による被害」…けがをさせて場合、損害賠償、慰謝料などの所有者責任
・「害虫やシロアリが発生する」…近隣からのクレーム、物件価値の下落


強制的に撤去され、所有者に工事費用が請求されます。

近年では、国や自治体が倒壊の可能性のある空家の『強制代執行」を行っています。
これは、『無料』で解体してくれるのではなく、自治体が危険と判断した場合、先に解体をして『所有者に解体費用、運搬費、廃棄費用を請求』するものです。


空家になるきっかけ

空家になってしまっている理由は、千差万別。解決方法が簡単な場合から、うんともすんともいかなく裁判するしかないさそうな事までいろいろです。以下に各空家の事情を洗いだしてみました。お宅のご近所の空家はどんな理由でしょうね?

  • 住んでいる方がお亡くなりになった。相続人は県外でなかなか手が付かない。相続人は近所だが、すでに家を所有しているのでどうするか悩んでいる。複数の相続人で相続問題が発生している。
  • すでに貸家として売家であるが借り手、買い手が見つからない。貸家として売家としてすでにどこかの不動産屋さんに依頼されているが、価格が高すぎか、不動産屋さんの力不足で空家のまま。
  • 後々子供が住む予定。お子さんが定年退職で数年後に戻ってくる予定などなど。
  • 別荘や宮崎にくるときにだけ利用する、セカンドハウスにしている。
  • 貸家で貸したいのだけど、リフォームが必要だが誰に相談すればよいのかわからない。
  • 現在一時的な転勤中で数年後、戻ってくる予定。

空家になることで、なにが悪いのでしょうか?

空家になることで、「不法投棄などのゴミ屋敷化」「火事の危険性」「少年少女のたまり場」「野良猫が住みつく」「倒壊による被害」「害虫やシロアリが発生する」などいろんな危険が潜んでいます。万が一、空家であっても、原因が家であれば持ち主に対しての「所有者責任」が発生します。


知らない間に所有者になっているかもしれません。

「以前、その家に住んでいた」「遺言を受けた」ということで、普通に相続を受けていれば、「自分の不動産」という認識がありますが、『ずっと前に亡くなったおじいちゃんの名義の家』『親から聞かされていない親名義の不動産』もあなたの不動産になっている可能性があります。
ここで注意したいのが『所有者=責任者』ということです。