TOPへ

貯金を崩しながら支払いをしている場合

重病を患い、お仕事を5年前に退職されたご依頼者様。貯金を取り崩しながら、住宅ローンを支払っていました。

貯金も、いよいよ底をつき、「もう、これ以上は支払えない!」という状況でした。ケース2Cと同じく、債権者と弊社の交渉により、残債額に関わらず、 周辺相場で売却。借入は毎月3000円の返済で了解いただきました。 ただ、このケースで「もったいない!」と感じたのは、これまで5年間の返済にあてられた貯金です。お仕事を退職された5年前に、売却に動いていれば、貯金をお手元に残すことができました。「先の見透しが厳しい…」など思ったら、早めのご相談を。

他のご相談も読んでみる

まずは電話してみる 0120-966-936

メールで問合せ