TOPへ

自宅を売却したいが住宅ローンの残債が多く、売却しても不足分を払えない

自宅を売却しても、住宅ローンの残金全額や不動産会社への仲介手数料などが不足の場合には任意売却という方法があります。

一般的な不動産売却では住宅ローンの残金全額、不動産会社へ支払う仲介手数料、登記費用を不動産売却代金で捻出するか、足らない場合は現金を用意しなければなりません。 しかし任意売却に至る状況の場合、足らずをご用意できることはまず考えにくく、この場合足らない部分の現金を用意しなくてもいったん不動産売却を行い、不足分は分割にて支払う話し合いを行っていく交渉を行うのが任意売却です。 まずは私共より任意売却の仕組みや説明をお聞きいただき、十分ご理解いただいてから任意売却にお取組みになられるかご判断頂けたらと思います。

他のご相談も読んでみる

まずは電話してみる 0120-966-936

メールで問合せ