TOPへ

フラット35(旧:住宅金融支援機構)からの借入

第1抵当権者が『住宅金融支援機構』のケース

『住宅金融支援機構』(以下、機構とする)の任意売却実績は多数ありますので、ぜひお任せください! 弊社で一番多いご相談は、第1抵当権者が機構というケースです。それはどうしてかと申しますと、単純に、新築住宅購入時に機構の融資件数が多いからと考えられます。 この場合、第2抵当者に、銀行や年金機構などが設定されている場合もありますので、任意売却を行なう際は、機構はもちろん、後順位に担保設定されている金融機関への交渉が必要となります。これは弊社で行ないますので、ご安心ください。 任意売却を相談した際の機構の対応に関しましては、前向きにご対応いただいております。 また、機構と後順位の債権者との間に協力関係がある場合が多いので、後順位の債権者(金融機関)との交渉も、スムーズに行なえるケースが比較的、多数あります。 ただし、機構から任意売却の窓口として以下の3つの会社に委任されます。各会社によって対応の差があるため、各社に合わせた対応が必要となります。対応は弊社にお任せください。

詳細を見る・応募する

他のご相談も読んでみる

まずは電話してみる 0120-966-936

メールで問合せ