TOPへ

金融機関からの催告が来た

「金融機関からの催告があった」場合の解決方法

各金融機関によって異なりますが、3ヶ月以上返済が滞ると催告があると考えられます。書面もしくは電話のどちらかになると思いますが、電話の場合について紹介します。具体的な返済プランがない場合は、居留守される方が多いようです。居留守をおすすめするわけではないのですが、最悪の対応とは言いません。 任意売却をご依頼いただいた際、私どもが非常に残念に思うのは、金融機関の担当者と電話 で言い合ったり、担当者を罵ったりと、債権者である金融機関との関係性が悪化されているケースです。 任意売却のほとんどの場合、売却可能価格のほうが住宅ローン残額よりも下回っている状況を、 債権者と交渉して、売却の了解をいただきます。 つまり、2000万円の残債があるが、売却の相場は1500万円。「500万円足りませんが、担保を外してください」とお願いすることになるので、債権者である金融機関と感情的になって、関係性 を悪化させているという状況は望ましくありません。 債権者との関係性を悪化させるくらいなら、このページで最初にお伝えしたように居留守のほうが、可能性を残せるということです。もちろん、居留守を続ければ、期限の利益喪失後に、金融機関は早期に競売申し立てを実行します。そのため、金融機関に対して、できるかぎり早い段階で、具体的な方向性を申し出たほうが得策です。

お問合せ

他のご相談も読んでみる

まずは電話してみる 0120-966-936

メールで問合せ