TOPへ

「所有物件を貸したい」場合の対策とアドバイス

賃貸という選択肢について

「住宅ローン残債がある不動産を処分したいと思っているが、残債が多過ぎて売るに売れない・・・任意売却したくない!」という方の選択肢として“賃貸”があります。 ただし、住宅ローン融資をしている銀行は、居住用ということで、低い金利で住宅ローンとして融資しているため、 賃貸で貸すことは違約とみなされ、トラブルの原因になってしまいますので、ご注意ください。 その他にも、住宅ローン控除確定申告や滞約の問題、リフォーム費用の負担など、リスクを把握したうえで、賃貸募集する必要があります。直接、賃貸専門会社にご相談するのではなく、弊社に一度ご相談ください。貸主様のリスクについて 対策やアドバイスをお伝えすることができます。

お問合せ

他のご相談も読んでみる

まずは電話してみる 0120-966-936

メールで問合せ