TOPへ

裁判所から執行官が来た

「裁判所から執行官が来た」場合の具体例とアドバイス

債権者が競売申立を実行すると、裁判所から当然、執行官が訪れます。不動産の外観や室内を撮影して、不動産に瑕疵の有無を確認するほか、所有者や賃借人がいる場合は不動産の聞き取り調査をします。「閲覧されたくないから」と居留守を使っても、最終的には警察立会いの元などで鍵を開けて入られてしまいますので、対応されたほうがよいと思われます。弊社でもその理由がわからないのですが、執行官によってご所有者様にするお話の内容が異なっているようです。「不動産屋が任意売却などを持ちかけてきても聞かないように」と言われる方もいれば、「まだ打つ手はありますよ!」と言われる方も。「不動産屋が任意売却などを持ちかけてきても聞かないように」と言われた方でも任意売却を行ない、売却価格から引っ越し費用を捻出できた方もおられます。執行官のアドバイスに捉われず、任意売却してみる価値はあると思います。又、この時に撮影した写真は、競売入札の1ヶ月前に閲覧できるようになります。

お問合せ

他のご相談も読んでみる

まずは電話してみる 0120-966-936

メールで問合せ